ミッションログ 意訳



Research Team (調査団)

(最初)
長い間、連邦は惑星SR388への調査団の派遣を危険視してきた。
だが最近の表層スキャンではメトロイド種の存在を検出しなかったため、最終的に調査船の派遣が承認された。
調査団の任務はメトロイド種の存在を最初に検出した地域を調査し、現在は存在していないことを確認することであった。 またその他に、近辺の鳥人族の遺跡と野生生物の調査・研究を行う目的もあった。

だが調査団との通信が途絶え、遭難信号が司令部へ届いた。



(ログ更新後)
調査団は洞窟内に小さな簡易研究所を立ち上げた。
しかし調査船と研究所を繋ぐ通路が崩壊してしまい、さらに全ての機器が使えなくなった。

全員のエクソスーツからバイタルサインが発せられていない。 ここに生存者はいない。












AM2R : metroid2remake.blogspot.com
▲TOP